ボディーの種類 > セダン

セダン

セダンは、ドライバーや同乗者が快適に移動でき、車のボディーの中でもっともベーシックなスタイルです。
特徴としては、4ドアで室内に2列のシートを持っていること。
また、居住スペース、エンジンルーム、トランクの3つで構成されている。


乗用車の代表的な形状である。日本では一般にはセダンが一般名称で、サルーンが上級グレードに用いられることが多いが、実質は英国と米国の呼称の違いであり、JISや自動車技術会での技術的な扱いではまったく同じものを表す。

パトロールカー、社用車、タクシー、教習車といった業務用の分野でもセダンの需要は根強く、これらには専用のグレードや車種が設定される場合もある。

セダンとサルーン
日本のJISや自動車技術会では、サルーンが基本で、セダンがサブとして「セダンともいう」と規定されている。英国高級車のサルーンをイメージして、日本での大型上級グレードセダンに「サルーン」と名づけた(たとえば、日産・セドリックやトヨタ・クラウンなどが)ことから、「サルーン」に高級感のイメージが付加された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights