エンジン関連 > バンク角

バンク角

バンク角とはV型エンジンの左右のピストンの角度を言う。この角度によって
エンジンの特性も変わってくるが決まりは無く60度や90度などとエンジンによって
様々な角度を持っている。


V型エンジンは直列式エンジンに比べ、構造上クランクシャフトやブロックを
短くできるのでエンジン本体をコンパクトに重量も軽くなる。またV型エンジンは
振動も少ないので、高級車から大排気量車まで様々な車種に採用されています。



※目からウロコ!営業マンが徹底暴露! 【新車値引き交渉術】必ず損は致しません。

※中古外車をめちゃくちゃ安く買う方法を教えます!【返金保証付】


ストロークのV型10気筒エンジンで左右のバンクでクランクピンを共有した場合に
燃焼間隔が等しくなるバンク角は72°である。しかしながら必ずしもこのバンク角が
採用されるとは限らない。F1においては初期には72°が採用されていたが、
低重心化等のために90°が採用されることが多くなった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights