エンジン関連 > 水平対向エンジン

水平対向エンジン

水平対向エンジンとはV型と似ておりピストンが左右に分けられているが
ピストンの向きが地面と水平になっておりこれによりエンジンの高さを抑える
ことが出来、重心を低くおさえられるメリットがある。


また、この形状からボクサーエンジンやフラットエンジンとも呼ばれている。
水平対向エンジンを使用しているメーカーで有名なのがポルシェ、スバルなどがある。



       【欲しい新車の値引き額はいくら?無料見積もり!】
☆★国内外55メーカー、最寄りのディーラーから『Eメール』で新車の総支払額をご連絡!★☆
    ==== セールス訪問や希望しない電話はありません ====
    ==== もちろん価格交渉もEメールでOKです! ====


水平対向にピストンを配置することにより、上下方向の振動が少なくできる・重心を
低くできる、などの利点がある。欠点はストローク(シリンダー)を伸ばすとエンジン本体の
横幅が大きくなり車体幅を広げる必要があるのでトルクを出しやすいロングストローク
エンジンが作りにくいことである。そのため、ショートストロークのエンジンが主流である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights