ブレーキ関係 > エンジンブレーキ

エンジンブレーキ

エンジンブレーキとはブレーキ装置によって減速または停止するのではなく
エンジン自体の回転抵抗によって減速することを言う。


これはAT車のアクセルを戻した状態、MT車のクラッチを切らずにアクセルを
戻すかギヤを低くシフトさせた状態でエンジンの回転抵抗により減速する状態の事である。



       【欲しい新車の値引き額はいくら?無料見積もり】
☆★国内外55メーカー、最寄りのディーラーから『Eメール』で新車の総支払額をご連絡!★☆
    ==== セールス訪問や希望しない電話はありません ====
    ==== もちろん価格交渉もEメールでOKです! ====



エンジンブレーキは、長い下り坂などで多用される。長い下り坂でフットブレーキを
使って速度を調整すると、摩擦熱によりフェード現象やヴェイパーロック現象が発生して、
ブレーキが利かなくなるために危険な状況に陥る。


下り坂では勾配に応じ、ギア位置を低速ギアにセット(シフトダウン)して強い
エンジンブレーキを使うことで、フットブレーキの使用を最小限に抑えてフェードや
ヴェイパーロック現象の発生を回避することができる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights