ブレーキ関係 > ブレーキパッド

ブレーキパッド

ブレーキパッドとはブレーキローターに押し当てる摩擦材を指し、
これによりブレーキがかかる。摩擦材は使用により減少していくが急激に
制動能力が落ちる事は無い。


フロントとリアに装着されるが一般的にフロントの方が大きくなっている。
ブレーキパッドの交換時期ですが、だいたい新品で10㎜位の厚みがありますが、
厚みが5㎜以下になってきましたら交換の目安です。


ブレーキパッドは社外品も数多くでていますので、スポーツ走行や
ブレーキダストを少なくしたい等、目的にあわせての交換もできます。




※現役の車買取業社トップ営業マンが大暴露!!20万UPはあたりまえ。車を売却する際の必読本!
【 査定額限界突破マニュアル 】

※中古外車をめちゃくちゃ安く買う方法を教えます!【返金保証付】


素材
パッドは銅、スズなどの柔らかい金属、カーボン繊維、合成樹脂などを焼結して作られる。
一般的に金属割合を高めると制動力が強くなるが、消耗度合いが高まることから
経済性の問題、ブレーキローターを摩耗させることによる耐久性の問題が生じる。
そうした問題のバランス感覚が、部品を製造各社とも工夫を発揮するする余地となっている。


点検
消耗品のため、定期的に点検し摩耗度合いを確認する必要がある。
オートバイの場合にはパッドの部分が見えることから点検は簡単であるが、
自動車の場合にはタイヤを外さなければ確認は出来ない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights