ブレーキ関係 > ブレーキキャリパー

ブレーキキャリパー

ブレーキキャリパーとはブレーキパッドを内側に装着してブレーキローターを
挟み込んで止める、いわばブレーキの本体ともいえる重要なパーツである。
ブレーキキャリパーは大きく分けて2つのタイプがあります。


一つは、ローターの内側だけにしかシリンダーがないフローティングタイプと
両側にシリンダーがついているオポーズドタイプです。性能的にみると
オポーズドタイプの方が圧倒的ですが、コストが掛かりすぎるため高級車や
スポーツカー以外は一般的にフローティングタイプが使用されています。


       【欲しい新車の値引き額はいくら?無料見積もり!】
☆★国内外55メーカー、最寄りのディーラーから『Eメール』で新車の総支払額をご連絡!★☆
    ==== セールス訪問や希望しない電話はありません ====
    ==== もちろん価格交渉もEメールでOKです! ====


ブレーキの歴史
初期の自動車用ブレーキは、馬車からの流用が多く、棒を車輪に擦り付けるなど
原始的な機構が多かったが、自動車の性能向上に伴い、確実な制動方法が
求められるようになった。当初はブレーキペダルの動きを、四輪のドラムブレーキに
ロッドで伝える機構が採用されたが、四輪への力の伝達具合が不均等で、
急制動時の安定性に難があった。


次いでロッドに代わりブレーキフルードを利用した油圧が使用されるようになり、
実用的な制動力が得られるようになる。なお、液圧動作の車両ブレーキ装置に関しては、
1895年に馬車用としてルードルフ・マイヤーが特許を取得しているが、


その技術を自動車用に取り入れたのはアメリカ人のマルコム・ロッキードである。
デューセンバーグが1921年から前輪に油圧動作ブレーキを採用し、クライスラーと
アウディが1924年から四輪油圧ブレーキを採用した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights