エンジン関連 > DOHC

DOHC

DOHCとはダブルオーバーヘッドカムシャフトの略であり別名ツインカムエンジン
とも呼ばれている。これは排気、吸気共に1本ずつ、合計2本のカムシャフトを有しており
これにより高回転、高出力が可能となりスポーツタイプや高級車などに多く搭載されてる。


しかしながら燃費の悪さや製作コストの高さなどのデメリットも持つ。
近年では一般の車にも普及してきておりガソリンエンジンだけではなく
ディーゼルエンジンにもDOHCが採用されだしてきました。



       【欲しい新車の値引き額はいくら?】
☆★国内外55メーカー、最寄りのディーラーから『Eメール』で新車の総支払額をご連絡!★☆
    ==== セールス訪問や希望しない電話はありません ====
    ==== もちろん価格交渉もEメールでOKです! ====


1912年に、エルネスト・アンリがフランスのプジョーのレーシングカーのために
開発したのが最初であるとされるが、スペインのイスパノ・スイザ社の設計者
マルク・ビルキヒトによる着想を剽窃したという説もある。


部品点数が多く機構が複雑であることと、一般車両はさほどの高性能化が必要で
なかったことから、1950年代以前はレーシングカーや高級スポーツカーに限定された技術であった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights