ブレーキ関係 > マスターシリンダー

マスターシリンダー

マスターシリンダーとはフットブレーキのペダルを踏み込んだ力を油圧に変換する
装置である。また、前後のブレーキへの油圧配分も行うものである。
通常エンジンルーム内の運転席側へ配置されている。


マスターシリンダーも経年劣化してくる部品で、重要なブレーキパーツですので、
10万km近く乗ってるような車でしたらマスターシリンダーのオーバーホール
あるいは交換を致しましょう。


※事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】

※ユーザー車検で一発合格を徹底網羅!車検費用の節約方法も教えちゃいます。
【ユーザー車検・一発合格の秘訣】



フットブレーキは、自動車のブレーキの一種。フットブレーキといった場合、
厳密には制動装置全体をさし、三輪・四輪車ではほとんどの場合運転席の
足元についているペダルは、ブレーキペダルという。

フットブレーキは、ハンドブレーキと違い、油圧もしくは圧縮空気で作動させる。
フルエア、エアオーバーハイドロリック(エアオーバーまたは空気油圧複合式とも)、
油圧式がある。乗用車は全て油圧式。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights