タイヤとホイール > スポークホイール

スポークホイール

スポークホイールとは中心部から3本から6本のスポークがリム部分まで
延びているデザインである。このデザインの特徴はブレーキの放熱性の高さで、
そのためスポーツ車に多く採用されている。

材質は、生産性の高いスチールや軽量なアルミニウムなどが一般的に使われています。

※現役のプロが教えるカーコーティングのノウハウ・裏技!!
カーコーティングセミナーの1/10以下で手に入っちゃいます。

※中古外車をめちゃくちゃ安く買う方法を教えます!【返金保証付】


スポークは、鉄道車両・自動車・オートバイ・自転車などの車輪を構成する部品の一つ。

外周部分を支えている金属部品(リム)と軸受(ハブ)をつないでいる部品。軸受から放射状に伸びている。

概要・構造・材料

ワイヤー状のものは、抗張力鋼製が用いられることが多いが、自転車用(ロードレーサー、MTBなどの高級スポーツ車)ではステンレス鋼、チタン、カーボン、アラミド繊維を用いることがある。

かつては全般的に木製のものが用いられていたが、現在では希である。自動車ではリムとスポークが一体化した「スチールホイール」や「アルミホイール」が用いられるようになっている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights