エンジン関連 > フライホイール

フライホイール

フライホイールとはクランクシャフトの端に取り付けられた弾み車で
クランクに伝わった力を蓄え、慣性の力でエンジンの回転を助けるものである。


また、このフライホイールの軽量化による加速性の向上狙うチューニングも
NAエンジンでは定番になっています。フライホイールを1キロ軽量化した場合、
車体が20キロ軽くなるのと同じとと言われています。


しかし軽量化しすぎると、クランクに蓄える力が減少し、逆にトルクが極端に
落ちる様になりますので、過度の軽量化には注意が必要です。

※現役の車買取業社トップ営業マンが大暴露!!20万UPはあたりまえ。車を売る際の必読本!
【 査定額限界突破マニュアル 】

※事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】


点火・爆発に伴う細かな出力変動を抑制する働きを持つ。
重いほうがエンジン回転の滑らか感は増すが吹け上がりは悪くなり、
軽くするとエンジンの吹け上がりは改善するが坂道などで失速し易くなる特徴がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights