エンジン関連 > 直噴エンジン

直噴エンジン

直噴エンジンとは従来の空気と燃料の混合気をピストンシリンダーに吸入
するのではなく最初に空気だけを吸入してそこに燃料を直接噴射している。
これにより燃焼効率が上がり低燃費化、排気ガスもクリーンになる。


また二酸化炭素排出量の削減問題で排ガス規制がますます厳しくなる中、
直噴エンジンの開発も進んできています。直噴エンジンで注意したいのは
ガソリン直噴エンジンの場合、異常燃焼を防ぐ為にもハイオクガソリンの使用をオススメします。


※中古外車をめちゃくちゃ安く買う方法を教えます!【返金保証付】


       【欲しい新車の値引き額はいくら?】
☆★国内外55メーカー、最寄りのディーラーから『Eメール』で新車の総支払額をご連絡!★☆
    ==== セールス訪問や希望しない電話はありません ====
    ==== もちろん価格交渉もEメールでOKです! ====


およそ50から120気圧という高圧でガソリンをエンジンの圧縮行程でインジェクターから
高圧のシリンダー内に燃料を噴射し、一般的にシリンダー内の気流(タンブル旋回流又は、
スワール旋回流)を利用し点火プラグ付近に燃焼可能な混合比の層(成層燃焼)を
形成することでシリンダー内全体としては空燃比20:1から55:1の超希薄燃焼を可能にしている。


成層燃焼中は、EGR(排出ガス再循環装置)を導入しても燃焼の悪化が殆んど無い為
大量のEGRが導入することが可能となり、ポンピングロスの低減に非常に有効である。
同時にEGRを導入する事により燃焼温度が低く抑えられ、NOx(窒素酸化物)の
排出量を低減できる。従来のシリンダーに空気との混合気を作ってから噴射する
方式に比べて省燃費化している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights