変速システム > フルカウンタークランクシャフト

フルカウンタークランクシャフト

フルカウンタークランクシャフト(Full Counter Crank Shaft)とは回転運動に
変換される際のロスを少なくする為にカウンターウエイトを均等に配置して
バランス精度を高めたフルカウンターと呼ばれる方式を採用したクランクシャフトを言う。


これにより片当たりなどによるエンジントラブルも解消し高回転での使用に対応している。


※中古外車をめちゃくちゃ安く買う方法を教えます!【返金保証付】


※目からウロコ!営業マンが徹底暴露! 【新車値引き交渉術】必ず損は致しません。


クランクシャフト (crankshaft) は、エンジンの構成部品の一つ。ピストンの上下運動を
回転力に変えるための軸。曲柄軸、クランク軸、エンジンの主軸となる屈曲軸。

エンジンに固定されている軸の部分をクランク・ジャーナルといい、
ピストンのコネクティングロッドとつながっている所をクランクピンその二つをつなぐ
部をクランクアームと言う。ピストンの回転誤差を少なくするために気筒数に合わせた
バランスウェイトがつけられている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights