ブレーキ関係 > ブレーキオイル

ブレーキオイル

ブレーキオイルとは油圧式ブレーキに使用されるオイルを言う。
このオイルの圧力でブレーキペダルを踏んだ力を増幅させてブレーキを掛ける。
ブレーキオイルはエンジンオイルとは違い潤滑油的な役割ではないですので、
劣化しにくいと言われていますが、やはり油ですので経年劣化はあります。
ですので定期的な交換は必要です。(通常、約2年に1回といわれています。)


       【欲しい新車の値引き額はいくら?】
☆★国内外55メーカー、最寄りのディーラーから『Eメール』で新車の総支払額をご連絡!★☆
    ==== セールス訪問や希望しない電話はありません ====
    ==== もちろん価格交渉もEメールでOKです! ====



ブレーキフルードとは、油圧式ブレーキにおいて運転者がマスターシリンダーに
入力した力をキャリパーに伝達するため油圧系統内に充填される液体である。
しばしばブレーキオイルとも言うが誤称である。


ブレーキフルードに要求される性質は粘性が低く、圧力による体積の変化が小さく、
-50℃でも凍らず、200℃でも沸騰しないことである。
長年ポリエチレングリコールモノエーテルなどが使われてきたのは、
このような性質を持つ物質が他に見つからなかったからである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights