空気圧

空気圧はタイヤ内の空気の圧力を言う。
標準空気圧は運転席側のドアを開けた所に記入されていることが多い。
一般的には22kg/㎠前後であるが気温や走行スピードなどで若干変える場合もある。


空気圧は定期的に点検しましょう。空気圧が低下してると、タイヤの転がり抵抗が
おおきくなり燃費が悪くなりますし高速走行中にはバーストする危険性もあります
ので注意が必要です。



       【欲しい新車の値引き額はいくら?】
☆★国内外55メーカー、最寄りのディーラーから『Eメール』で新車の総支払額をご連絡!★☆
    ==== セールス訪問や希望しない電話はありません ====
    ==== もちろん価格交渉もEメールでOKです! ====


タイヤは適正量の空気が入っていなければ役割を果たさない。タイヤに空気が入って、
車重を支える事が可能になる。ある意味、空気はタイヤにとって最重要の部品とも言える。
タイヤおよびその使用車種によって適正な空気圧が指定されているが、
乗用車の場合200kPa前後、バス等の大型車で600~700kPa程度が指定されていることが多い。


適正な空気圧を保つのが重要であるが、時間の経過とともにタイヤから空気が漏れ出したり、
暑い時に適正な空気圧で空気を入れたとしても空気の密度が低いので気温の低下により
体積の減少=圧力低下を招いたり、様々な原因で空気圧は低下する方向に作用する。
タイヤが熱くなっていないときに空気圧をチェックし、補充することが大切である。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights