タイヤとホイール > トレッドパターン

トレッドパターン

トレッドパターンとはタイヤの表面に刻まれた溝のことを言う。
摩擦や排水などについて考えられた構造になっており、
メーカー毎に独自のパターンを開発、採用している。


静粛性や乗り心地、排水性などトレッドパターンによりタイヤの性格を決定付けます。
ちなみに静粛性を重視するトレッドパターンは、縦溝に細かく溝が入り、幅も狭いタイプです。



※現役の車買取業社トップ営業マンが大暴露!!20万UPはあたりまえ。車を売る際の必読本!
【 査定額限界突破マニュアル 】



トレッド部は、主に路面に接する部分。表面にはトレッドパターンと呼ばれる溝が彫られている。
この溝は、トレッドと路面の間に入った水の排水や、スリップの防止などの為に彫られている。
オートバイタイヤのトレッド面は丸く、車体を傾けると旋回する方向への内側と外側で
接地面の直径が変わり車体を旋回させようとする力が生じる。


また、トレッド部の両端部(タイヤの肩の部分)をショルダー部と呼ぶ。
舗装路上での激しい旋回運動などの際には最も酷使される部分で、
トレッド部の中央部分に十分な溝が残っていてもショルダー部に
溝がなくなると操舵性能が著しく低下する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights