タイヤとホイール > ハイドロプレーニング現象

ハイドロプレーニング現象

ハイドロプレーニング現象とは降雨中などで路面に水溜りが出来ている状態の時に
走行スピードを上げて走ると路面とタイヤの間に水の膜が出来、
タイヤが路面から浮いた状態になることを言う。


こうなるとタイヤと路面の摩擦が無くなるためブレーキが全く効かない状態になる。
ハイドロプレーニング現象の原因として、タイヤの磨耗で溝が浅くなってる時や
タイヤの空気圧の不足してる時、スピードオーバーでの走行時などに起こりやすいので、
上記の状況の際は注意が必要です。



示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
◇これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!



※現役の車買取業社トップ営業マンが大暴露!!20万UPはあたりまえ。車を売る際の必読本!
【 査定額限界突破マニュアル 】



Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights