サスペンション > リーフスプリング

リーフスプリング

リーフスプリングとはスプリングの代わりに長さに違う細長い板状の鋼を
数枚重ね合わせ、このたわみで衝撃を吸収するタイプのサスペンションである。


このリーフスプリングの特徴として、丈夫である、部品が少ない、
調整が出来るなどの利点がありトラックやSUV車に利用されることが多い。
また車以外にも鉄道や建設機械の車両にも使われています。


※目からウロコ!営業マンが徹底暴露! 【新車値引き交渉術】必ず損は致しません。


※事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】


サスペンション( suspension, 懸架装置)とは、主に車両において、
路面の凸凹を車体に伝えない緩衝装置としての機能と、車輪、車軸の位置決め、
車輪を路面に対して押さえつける機能を持つことで、乗り心地や操縦安定性などの
改善を目的とする機構である。またその他の機械類における、防振機構のことを
いう場合もある。 名称の由来はサスペンス( suspense, 不安な状態、揺れ動いている状態の意)から。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights