サスペンション > 車軸式サスペンション

車軸式サスペンション

車軸式サスペンションとは左右のタイヤと1本の軸で連結されているものを言う。
これは別名リジットアクスルサスペンションとも呼ばれトラックの後部やFF車の
リア部分に採用されることが多く構造が単純な為コスト削減ができ、
スペースを広く使えるなどのメリットがある。


昔の車は殆どが車軸式サスペンションを採用していましたが、現在では
独立式サスペンション(懸架式サスペンション)が一般的になってきていますが
トラックなどは前後、車軸式サスペンションが使われています。

車軸式サスペンションには
リンク式 、リーフリジッド式 、ド・ディオン式 などがあります。
※逆に左右のサスペンションがそれぞれ独立して動くものを独立式サスペンション(懸架式サスペンション)という。



       【欲しい新車の値引き額はいくら?】
☆★国内外55メーカー、最寄りのディーラーから『Eメール』で新車の総支払額をご連絡!★☆
    ==== セールス訪問や希望しない電話はありません ====
    ==== もちろん価格交渉もEメールでOKです! ====


操安性と居住性の向上のため、FR車の前車軸が独立懸架方式へ移行した後も、
後車軸にはコストや耐久性の面で有利な、この車軸式が長く使われてきた。


現在、乗用車ではバス、FRのタクシーと教習車、一部のオフロード四輪駆動車以外では
見られなくなったが、貨物車ではいまだに広く採用されており、小型トラックや
ライトバンなどでは後車軸に、2tクラスから大型トラックでは前・後軸ともに
車軸式が採用されており、主流である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights