サスペンション > 独立式サスペンション(懸架式)

独立式サスペンション(懸架式)

独立式サスペンション(懸架式)とは正確には独立式懸架サスペンションと
呼ばれているもので、左右のサスペンションがそれぞれ独立して動くシステムで
車軸式に比べ路面追従性は格段に高い。


近年では主流となっておりほとんどの車両のフロント部分に採用されている。
独立式サスペンションには、
・ スイングアーム式
・ ダブルウィッシュボーン式
・ マルチリンク式
・ ストラット式 などがあります。



※このサスペンションへたってない?事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】


バネ下重量が軽く、乗り心地や路面追従性に優れる事から、
スポーツカーやレーシングカーに留まらず、現在では、
一般的な乗用車や中型以下の貨物車、さらには三菱の観光バスでも、
フロント・サスペンションは独立懸架である。


また乗用車では、リア・サスペンションにも独立懸架が多く用いられ、
インディペンデント・リア・サスペンション (Independent Rear Suspention) の
頭文字をとってIRSとも呼ばれる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights