タイヤとホイール > テンパータイヤ

テンパータイヤ

テンパータイヤとはタイヤがバーストなどによって使用不能の緊急時に
応急処置に使用するための非常タイヤを言う。

通常スチール製の軽量で細いタイヤがトランクの下部やボディーの下に格納されている。
テンパータイヤあくまでも応急処置的なタイヤですので長距離の使用、
チェーンなどの滑り止めの使用は控えて方が良いです。



※示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!


パンクしたタイヤの修理方法
基本的には、交換用のタイヤホイールと交換した上でガソリンスタンドや
カー用品店へ持ち込み修理を依頼する。チューブレスタイヤの場合、接着用の
棒(ゴム製)を千枚通しのような器具で開いた穴にねじ込む簡易修理法が普及している。


チューブ入りタイヤの場合、ホイールからタイヤを外しチューブを修理する必要がある。
チューブレスタイヤの場合、タイヤの外側からも修理可能であるが、
チューブ入りタイヤと同様の修理をすることが望ましい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights