タイヤとホイール > スリップサイン

スリップサイン

スリップサインとはタイヤの摩擦限界を知らせる印である。
タイヤのサイドウォール上の三角形のマークがあり、
その上のトレッドパターン部分に横のラインがある。


そのラインが磨耗によって露出したらこのタイヤの交換時期である。
一般的に交換時期の溝の深さは、1.6mmとされています。
またスリップサインがでたタイヤでの走行は道路運送車両の保安基準で
禁止されていますし車検にも通りませんので注意が必要です。



※現役のプロが教えるカーコーティングのノウハウ・裏技!!カーコーティングセミナーの1/10以下で手に入っちゃいます。


※示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!


一般乗用車でのタイヤ再利用率は非常に低い。コストの問題と、タイヤの構造が
再生に不向きなのが主たる原因である。乗用車のタイヤはバスや大型トラックの
タイヤに比べて薄手であるため加工する余地がほとんどなく、仮に加工したとしても
安全性の確保が難しい。タイヤメーカーは乗用車用タイヤの再生を認めていない。


(ただしドリフト走行を行う場合には後輪を滑らせるためわざと再生タイヤ
(俗にウンコタイヤと呼ばれる)を履く事があるが非常に危険)また、
トレッドを張り替える際のパターンに付いて、新品と同様のパターンを付ける事は
意匠権の関係から、権利者であるタイヤメーカーの許諾が必要であり、
安直に再生する事は出来ない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights