サスペンション > ストラット式サスペンション

ストラット式サスペンション

ストラット式サスペンションとは開発者の名前を取ってマクファーソンストラットとも呼ばれている。
これはショックアブソーバーとスプリング、ロアアームで構成される独立式サスペンションの
中では比較的コンパクトな部類であり広く採用されている。


またダブルウィッシュボーン式サスペンションとは違いジオメトリーの変更が
難しい点は有りますが、部品の点数も少なく重量も軽い為、
一般の乗用車に広く採用されています。



       【欲しい新車の値引き額はいくら?】
☆★国内外55メーカー、最寄りのディーラーから『Eメール』で新車の総支払額をご連絡!★☆
    ==== セールス訪問や希望しない電話はありません ====
    ==== もちろん価格交渉もEメールでOKです! ====



1950年に考案したフォードのエンジニアの名前からマクファーソン・ストラット
(MacPherson Strut)式とも呼ばれ、自動車用のサスペンション方式としては
現在最も多く利用されている。


ちなみに日本車では1966年に登場した初代トヨタ・カローラが初めて採用した。
この方式の構造は前述のとおりショックアブソーバに車輪をつけたものであり、
これを「ストラット」と呼ぶが、このままではストラットを固定できないため、
車輪を受ける側にロワアーム(トランスバースリンク)を取り付けて車体に固定する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights