タイヤとホイール > サマータイヤ

サマータイヤ

サマータイヤとはコンフォートタイヤとも呼ばれ一般にスタッドレスタイヤ以外のタイヤをさす。
雪道以外で一般的に使用するタイヤであることから最新の技術がふんだんに盛り込まれた
ものでありデザインも多様である。


タイヤ交換の目安ですが、スリップサイン(残り溝が1.6ミリ位)がでてきましたら
交換の目安です。また冬のサマータイヤの保管ですが、直射日光や水銀灯、
油脂類の近辺での保管はタイヤの劣化を早くしますので、なるべくさけて
保管するのがよいでしょう。




現役の車買取業社トップ営業マンが大暴露!!20万UPはあたりまえ。車を売る際には必読!
【 査定額限界突破マニュアル 】



事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】



歴史
1867年に車輪の外周にゴムを取り付ける手法がもちいられるようになり、
それまでの金属、木の車輪から脱皮する事になる。当時のゴムタイヤは
空気入りではなく、ソリッドゴム(総ゴム)タイヤであった。


空気入りタイヤは1845年にイギリスのロバート・ウイリアム・トムソンが発明し、
特許を取得をしていたが、実用化には至らず、1888年にイギリスの
獣医師ジョン・ボイド・ダンロップが自転車用の空気入りタイヤを実用化するまで
待たなければならなかった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights