エンジン関連 > ターボチャージャー

ターボチャージャー

ターボチャージャーとはエンジンの排気ガスでコンプレッサーを回し、
そこで圧縮された空気をピストンシリンダーに押し込む仕組みになっており、
これによりエンジンの排気量を変えずに馬力を上げることを可能にする。


しかし低回転では圧縮力が弱く効果は薄い。高回転での効果は高くなるがパワーが
出る分使用する燃料も増え、燃費は悪くなる。



事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】



       【欲しい新車の値引き額はいくら?】
☆★国内外55メーカー、最寄りのディーラーから『Eメール』で新車の総支払額をご連絡!★☆
    ==== セールス訪問や希望しない電話はありません ====
    ==== もちろん価格交渉もEメールでOKです! ====


排気管から廃棄されていた排気ガスのエネルギー(温度・圧力)を利用し
タービンを高速回転させ、その回転力で圧縮機を駆動することにより圧縮した空気を
エンジン内に送り込む。これにより、内燃機関本来の吸気量を超える混合気を
吸入・爆発させることで、見かけの排気量を越える出力を得る仕組みである。


過給器としての効率は良く、船舶や発電機など一定速で運転されるものでは、
インペラやコンプレッサー、A/R比の設定が楽になるため、特に向いている。
タービンの回転速度は、自動車用ガソリンエンジンなど、小型のものでの
場合200,000rpm(毎分20万回転)を超えるものもある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights