変速システム > クルーズコントロール

クルーズコントロール

クルーズコントロールとは高速道路などでアクセルを踏まなくとも自動的に
設定した一定の速度で走行する機能である。とくに長距離の高速走行時の
疲労軽減や燃費に役にたちます。


速度の設定は各メーカーで若干違いますが、大体ステアリング近辺に
クルーズコントロールの設定のボタンやレバーが設置されています。
クルーズコントロールの解除はブレーキをかける事でキャンセルできる。


また今では、クルーズコントロールの発展型で、自動的に走行速度と
車間距離を制御するアダプティブクルーズコントロールを搭載する車種もあります。




現役の車買取業社トップ営業マンが大暴露!!20万UPはあたりまえ。車を売る際には必読!
【 査定額限界突破マニュアル 】



事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】


クルーズコントロールの歴史
1958年にクライスラー社が、クライスラー・インペリアルに初めて採用した。
日本車としては1964年に登場したトヨタ・クラウンエイトが「オートドライブ」
の名称で、オプション装備として初採用した。


その後もごく一部の車種しか採用されなかったが、1981年に登場したホンダ・アコード以降、
多くの高級車に普及する。2004年現在では普及した機能になりつつありカタログ等で
特筆される事項ではなくなったが、近年では、ACC、IHCC等と呼ばれる、
衝突防止レーダーを備えたクルーズコントロール機能を持つ車種が登場し、
高機能・多機能化している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights