サスペンション > エアーサスペンション

エアーサスペンション

エアーサスペンションはエアサスとも呼ばれ、一般的なショックアブソーバーが
スプリングとオイルを使用しているのに対してそれらの代わりに空気を利用している。


特徴は乗り心地が快適で、かつ車内からエアーサスペンションの状態を、路面状況、
乗車人数などに対してスイッチ一つで調節ができます。また反面、高価な上、
システムも複雑になる。おもに高級乗用車やSUV、バス、トラックなどで使用されています。



事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】




現役の車買取業社トップ営業マンが大暴露!!20万UPはあたりまえ。車を売る際には必読!
【 査定額限界突破マニュアル 】


エアーサスペンションの特徴
非線形特性である。ばねレートは可変。共振し難い。

気体の性質としてボイルの法則がある。「一定温度下で気体の圧力と体積は
反比例の関係にある」というもので、気体を2分の1の体積まで圧縮すると
圧力は2倍になる、すなわち反発力も2倍になる。


その性質を利用したのが空気ばねで、人や荷物を積んだ時は圧縮されるので
反発力が上がり、それらをおろすと元の反発力に戻る。そのため平常時は
そうとうに軟らかいばねレートを設定でき、積載時はどれだけ圧縮しても気体は
無くならずより強い反発力を得られることから、乗り心地は悪化しても容易に
ボトミングする事も無い。


また、金属の弾力性を利用する金属ばねでは吸収しきれない、微細な振動をも減衰できる。
空気の量を変えることで任意にばねレート(減衰力)や車高を設定できるが、
空気源や弁装置、車高のセンシングが必要で、システムとしては複雑になる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights