タイヤとホイール > ラジアルタイヤ

ラジアルタイヤ

ラジアルタイヤとは高速走行用の自動車タイヤである。ラジアルタイヤのラジアルとは
直角の意で(right angle)タイヤの接地面と側面を構成する繊維層がタイヤの
回転方向に対して直角に並んでいるのでラジアルタイヤと呼ばれています。


ラジアルタイヤの特徴として操縦性、安定性が優れているて尚且つ、摩耗性が良い。
また転がり抵抗が少なく、燃料費が節約できるなど、今ではこのラジアルタイヤが
一般的に使用されています。


タイヤのメンテナスは空気圧、亀裂の有無、溝の磨耗度などが上げられますが、
車の部品の中で唯一、道路に接触してるパーツですので、こまめな点検が必要です。


ユーザー車検で一発合格を徹底網羅!車検費用の節約方法も教えちゃいます。
【ユーザー車検・一発合格の秘訣】



現役のプロが教えるカーコーティングのノウハウ・裏技!!カーコーティングセミナーの1/10以下で手に入っちゃいます。


一般的にいって、ラジアルは操縦性・安定性が優れており、トレッド変形が少ないため、
耐摩耗性に優れ、タイヤ自体の発熱も少ないなどの利点があるが、バイアスタイヤと比べ、
高価となる。


またかつてはタイヤの内部に空気を閉じ込めるチューブを入れることを
前提としたチューブタイヤが主流であったが、現在はホイールとタイヤのみで
空気を保持するチューブレスタイヤが主流となっている。
リム組みされた一般的なチューブレスラジアルは、以下のような部位と構造を持っている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights