タイヤとホイール > スリックタイヤ

スリックタイヤ

スリックタイヤとは競技用の溝の無いタイヤである。
これは競技のみに使用され一般公道での使用は禁止されている。


一般のタイヤと大きく違うところは、一般のタイヤは摩擦でグリップを確保してるが、
スリックタイやの場合は柔らかいタイやのゴムと溶かしながら粘着しながら
グリップを得ている事です。また雨天時は、溝のないスリックタイヤですと
大変危険ですので、雨量に応じて、カットスリックタイヤやレインタイヤなどを使用します。



       【欲しい新車の値引き額はいくら?】
☆★国内外55社、最寄りのディーラーから『Eメール』で新車の総支払額をご連絡!★☆
    ==== セールス訪問や希望しない電話はありません ====
    ==== もちろん価格交渉もEメールでOKです! ====



一般に使用されるタイヤはゴムと路面の摩擦によりグリップを得るが、
スリックタイヤはタイヤ表面を溶かして路面に粘着することでもグリップを得る。
そのためタイヤ表面が充分に加熱されていないと本来の性能を発揮することはできない。
その性質上一般の自動車に使われることはなく、
モータースポーツにおいて乾燥舗装路面を走行する際に使用される。


モータースポーツにおけるスリックタイヤ
路面状況によって性能が著しく変化するため、レース戦略やレーサーの好みに応じて、
レースにおいては複数の種類が運用される。これらは長時間走行性維持性能や
短時間における走行性能、路面の舗装の違い等に対応し、様々なものが使用される。


スリックタイヤは溝がないため濡れた路面における使用は非常に危険であり、
この場合はスリックタイヤに溝を加工したカット・スリック、
または雨専用のレインタイヤが使用される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights