エンジン関連 > スーパーチャージャー

スーパーチャージャー

スーパーチャージャーとはエンジンの爆発によって回転するクランクシャフトの回転力を
利用しコンプレッサーを回し空気を圧縮し、その空気をピストンシリンダーに送り込み
排気量を変えずに馬力を上げるシステムである。そもそもは航空機用に開発されたシステムです。


エンジンが低回転時でもパワーを出すことが出来るが
高回転時には効果が薄れるというデメリットもある。



事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】



現役の車買取業社トップ営業マンが大暴露!!
20万UPはあたりまえ。車を売る際には必読!
【 査定額限界突破マニュアル 】


エンジンの出力軸から直接ベルト等を介して圧縮機(コンプレッサー)を回転させ、
空気を圧縮してエンジン内に送り込む。ターボチャージャーと比較して
スロットル(アクセル)開度に対する反応が優れる、低回転域の過給効果が高いなどの
メリットがあるが、常に圧縮機を回転させているためエンジンの効率が落ちる、
高回転域の出力がターボチャージャーに比べ劣るなどのデメリットがある。
また、部品点数や機械加工の増加はコストの上昇につながり、
重量と体積の大きさや架装性の悪さでも分が悪い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights