タイヤとホイール > マルチピッチホイール

マルチピッチホイール

マルチピッチホイールとはアフターパーツとして売られているホイールの中で、
ハブボルの穴が多数空けられており、PCDが違っても取り付け可能なホイールである。
車を買い換えた際など、マルチピッチホイールでしたら、そのまま付けられる場合が
多いので軽自動車のユーザーを中心に人気があります。


ホイールの表示例

18 × 7.5 JJ 5・112 +36
左から順番に、リム径 リム幅 フランジ形状 ボルト穴数 P.C.D オフセットとなっています。


目からウロコ!営業マンが徹底暴露! 【新車値引き交渉術】必ず損は致しません。



事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】


車輪(しゃりん、Wheel)とは、物を動かすさいに用いられる円形外周をもつ
機械部品である。「転がり摩擦」が「すべり摩擦」よりも小さい事を利用したものである。


車輪は紀元前3500年ころ、シュメールで発明された。
そのころには革製のタイヤとも見られるものを周囲に巻いていた形跡がある。


その後数世紀ほどで急速にユーラシア大陸の各地に広まった。
同一構造の車輪が同時期の各地の遺跡で見つかることから考えて、
各地で独立に発明されたものではないであろうとされている。
紀元前2000年頃には、軽く、地面からの衝撃を和らげるスポーク構造を持った車輪が現れた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights