エンジン関連 > ラジエーター

ラジエーター

ラジエーターとはエンジンの冷却装置である。
エンジンルームの前側に設置されていて熱くなった冷却水を走行風や
ファンの風によって冷やす装置である。これによりエンジンの発熱による
オーバーヒートを防ぎまた、寒いときのオーバークールを防止する。


またエンジンなどをチューニングし発熱量が多くなった場合に
ラジエーターの大型化や軽量化で発熱量を抑えます。
一般的にラジエーターの材質は銅もしくはアルミニウムが使われます。



事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】


中古外車をめちゃくちゃ安く買う方法【返金保証付】


水冷式エンジンを搭載する車種においては、エンジンで発生する過剰な熱を
発散するための装置であり、アルミニウム(古くは鉄)の細管を多数並べた構造をしている。
細管内部に冷却水を満たし、同じく冷却水を満たしたエンジンのウォータージャケットと
接続して冷却水を循環することにより、エンジンの冷却を行う。


冷却水は加圧により100℃では沸騰しないようになっていて、より効率的にエンジンの冷却を行う。
外気温が0℃を下回る環境では冷却水が凍結-膨張することでラジエターを破壊することがある。
この対策として、冷却水にロングライフクーラント(LLC)や不凍液などを添加し、凍結を防止する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights