保険関係 > 自動車損害賠償責任保険

自動車損害賠償責任保険

自動車損害賠償責任保険とは車両を公道で走行させる場合には
必ず加入していなくてはならない保険で強制保険や自賠責とも呼ばれている
通常車検期間にあわせて加入する。


農協や全労災の自賠責共済をつけていれば自賠責保険をつけていなくとも
自動車の運行が出来る。また、自動車損害賠償責任保険は、
人身事故にしか対応してなく、加害車両の運転者、保有者の怪我には対応してません。


支払限度額は死亡および重度の後遺障害のときで、最高3000万円その他の
傷害のときは最高120万円である。それ以上の損害賠償には任意保険での対応になります。


あなたの自動車保険はあなたに合っていますか?




示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
◇これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!



自動車保険の必要性

自動車は便利なものであるが、反面、「走る凶器」とも言われるように、
万一事故が起きた時の被害は甚大なものである。事故は僅かな気のゆるみで起こりうる。
また、自分に大きな落ち度がなくて事故に巻き込まれることもある。


自動車の運行中は双方とも周囲への充分な注意が要請されるから、
たとえ相手方の落ち度が大きかったとしても、(追突、赤信号無視、中央線の
右側通行などを除けば)全くの無過失が認められることは少ない。


特に相手方が歩行者の場合、「自分の無過失」「車の整備不良がないこと」
「相手方に落ち度があること」の3つを証明できなければ賠償責任を免れないとされ、
「無制限責任」に近いものがある。


さらに、貸与や盗難によって運行された自動車による被害でも、
「管理者責任」「所有者責任」を問われる場合がある。このような賠償に応じるのは
困難なことが多いため、普段から保険等による備えが推奨される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights