安全対策 > 燃料電池自動車

燃料電池自動車

燃料電池自動車とは基本的には電気自動車であるがそのエネルギー源が
燃料電池から得られている。燃料電池とは水素と酸素の化学反応によって
発電するもので反応後は電気と水になるため公害の発生を抑止する効果がある。


また、エネルギー効率も従来のガソリン車の2倍以上あり、その上充電の必要もなく
次世代を担う方式として実用化が進められている。



車雑誌でおなじみ!燃費が40%UPも!脅威のロケットパワー『にんじん君』



       【欲しい新車の値引き額はいくら?】
☆★国内外55社、最寄りのディーラーから『Eメール』で新車の総支払額をご連絡!★☆
    ==== セールス訪問や希望しない電話はありません ====
    ==== もちろん価格交渉もEメールでOKです! ====



燃料電池には様々な燃料が用いられるが、主として水の電気分解の逆反応である
2H2 + O2 → 2H2O によって電力を取り出す場合が多い。用いられる電気化学反応、
電解質の種類などによって燃料電池は幾つかのタイプに分けられる。


なかでも固体高分子形燃料電池は室温動作が可能かつ小型軽量化が可能であるため、
携帯機器、燃料電池自動車などへの応用が期待されている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights