保険関係 > 対物賠償責任保険

対物賠償責任保険

対物賠償責任保険とは、任意保険の賠償責任保険の一部で被保険自動車の事故で
他人の財物に損害を与え法律上の賠償責任を負うことにより被る損害に対して
保険金を支払うものである。


金額の設定は様々であるが無制限の加入もできる。さらに物や財産以外で、
例えばタクシーやバスとの事故などの場合、営業補償 ・ 休業補償などの賠償金も
支払わなくてはなりません。


また対物賠償責任保険は相手に対しての保険ですので、自分の物、財産には一切、
保険の対象になりません、このような場合は車両保険でカバーできますので
良く検討した方が良いでしょう。




示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
◇これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!


あなたの自動車保険はあなたに合っていますか?


物への保険

車両保険
自身の車両の損害(事故のほかにも、風水害など、地震や津波、噴火以外の自然災害による
損害も含む)への補填。自損事故に限らず、相手のある事故の場合でも責任割合により
自車の損害を全額相手から支払ってもらえるとは限らないため、車両保険を利用する場合がある。
免責金額をつけて契約するが、3回目の請求からは免責金額が高くなる。


非常に一部の保険では、地震や津波、噴火などの大規模自然災害による損害も補償範囲と
なる場合がある。 相手確認条件付の車両保険は保険料が安いが、相手に当て逃げされた
場合や自損事故の場合には保険金は支払われないので注意が必要である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights