保険関係 > 搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険とは任意保険の傷害保険の一部で被保険自動車に
搭乗中の者が被った死傷損害に対して支払われる。


この保険金は加害者からの賠償金や他の傷害保険の保険金に関係なく
支払われるものである。この搭乗者とはドライバー本人も含めたものです。
また搭乗者傷害保険の場合、等級のダウンがない場合、少ない場合が多いですので、
きちんと申請しましょう。


あなたの自動車保険はあなたに合っていますか?



示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
◇これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!


自動車保険の基本は、被害者や遺族への賠償保険が基本である。
これには人的被害と物的被害、逸失利益などが含まれる。
賠償保険は、被害者や遺族への補償という性格上、運転者の重過失
(飲酒運転、無免許など)であっても、保険金は原則として支払われる。


但し、運転者限定の特約への違反があった場合などは支払われないこともあるので、
注意が必要である。


賠償保険以外に、自身の怪我や自動車の損害を補填する保険もある。
この場合、運転者の重過失があった場合は「自己責任」として、保険金が支払われない。
賠償保険以外の保険のみを単独で加入することはできない。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights