保険関係 > 自損事故傷害特約

自損事故傷害特約

自損事故傷害特約とは任意保険に人身傷害保障保険が付いていない場合に
対人賠償保険に自動付帯され、被保険自動車の単独事故や100%過失のある
事故により被保険自動車の所有者や運転者が被った死傷損害は自賠責や
政府保障事業で填補されずこの特約により保険金を支払う。
いわば穴埋め保険である。


自損事故保険の補償内容は、死亡時1500万円、
後遺傷害の場合50万円~1500万円となっています。




示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
◇これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!


あなたの自動車保険はあなたに合っていますか?


事故の場合、相手方との示談や、加害者の捜索、入通院費用の確定などに時間がかかり、
入通院や当座の収入の確保など、早期に必要となるお金が速やかに調達できない場合がありうる。
人身傷害保険では、怪我の状況により、先に金額を算定して立替払いする。


後日相手方や他の保険などから支払われる分は、立て替えた保険会社へ支払われる。
搭乗者傷害保険が定額払(死亡時に1,000万円、入院1日あたり1万円など)であるのに対し、
人身傷害保険は治療費・休業補償・逸失利益など、実際に発生した損害額を補償する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights