保険関係 > ノンフリート契約

ノンフリート契約

ノンフリート契約とは同一契約者が所有かつ使用する自動車の総保有台数が
9台以下の任意保険契約である。10台以上はフリート契約でほとんどの任意保険契約は
ノンフリート契約である。


ノンフリート契約では、1~20等級からなるノンフリート等級別料率制度が適用されます。
ノンフリート等級別料率制度とは、無事故の方には割引をし、事故を起こした方には
割増をする等級制度です。1等級が一番大きな割増、20等級が最大割引である。


最初に保険に加入する際は6等級から始まります。また1年毎に等級の更新があり、
1年間無事故でしたら、1等級アップし割引されますが事故などを起こしますと
一気に3等級下がりますので事故には十分注意しましょう。


あなたの自動車保険はあなたに合っていますか?

【無料】生損保各社の保険を一括資料請求!



任意保険
任意保険の契約期間は通常は1年だが、長期や短期の保険もある。
保険料率は車種の他に、運転者の年齢や運転者の範囲(その車を他人が運転するか、
本人・家族のみに限定するか、など)などによる分類によって定められ、
危険度(事故率・損害率)の高いグループほど高い保険料率となる。


(若年運転者ほど高い保険料率となる。また、運転者が家族に限定されるより、
不特定多数による運転の方が保険料率が高い、など。)他にも車両の安全装備
(エアバッグ、ABS、衝突安全ボディ)や盗難防止装置の有無(イモビライザーなど)による
割引制度がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights