ボディーの種類 > ステーションワゴン

ステーションワゴン

ステーションワゴンとはボディーの種類の一つで端的に言えばセダンのトランクルームを屋根の高さまで引き上げて、居住空間とトランクルームをひとつにまとめた形といえる。
これによりセダンではトランクに収まらない大きな荷物も収容可能となり実用性が優れていると言えるだろう。


ハッチバックとの区別をするとすれば後輪の車軸から荷物室後端までの距離が長いものがステーションワゴンである。また、イプサム等のミニバンも車検記載上はステーションワゴンと扱われる。 他にはクーペやミニバンなどがステーションワゴン以外のスタイルの名称となる。 車高や全長はセダンと同じくらいで、後部座席の後ろは荷物室となっており、後部座席をたたむと更に大きな荷物を載せることができる。このため、日本で利用されている従来のステーションワゴンは荷物を載せて運ぶことに主眼を置いているものが多かった。 しかし後述するステーションワゴンのブームや、RVブームなどにより、趣味的な利用が提案されたことで、居住性やドライビィングフィールを十分に保持したステーションワゴンが登場した。現在のこれらの車種は、ある程度の積載量を確保したうえで、非常に使い勝手の良いものとなっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights