エンジン関連 > オイルパン

オイルパン

オイルパンとはエンジンオイルをためておく場所でエンジンの下部に位置しており、これに装着されているドレンボルトでオイル交換時にオイルを抜く。エンジン襟客の為のオイルをオイルパンからオイルクーラーなどを通り、冷却されたオイルがエンジンを冷却する。またエンジンチューニングなどにより、エンジンの発熱量が上がった際などに、オイルクーラやオイルパンの大型化も必要である。


役割
エンジンオイルには以下のような作用がある。

潤滑
冷却
気密保持
清浄分散
防錆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights