エンジン関連 > カムカバー

カムカバー

カムカバーとはエンジン上部に位置しカムシャフトやバルブなどを覆っているものである。カムカバーの材質は、樹脂などが一般的ですが、軽量化の為のアルミニウムやマグネシウム製のカムカバーを有ります。よくエンジンからのオイル漏れ等を聞きますが、このカムカバー部分が大半です。カムカバーとヘッドの間にあるガスケットやオイルシールの経年劣化に寄るもの多いですので、何万キロと乗った車は日常の点検が大切です。


カムシャフト (camshaft) とは、エンジンの構成部品の一つで、バルブを開閉する各気筒のカムをまとめて1本に備えているシャフト(軸)である。断面が卵型のカムが複数連なったもので、回転の中心と外周までの距離は一定ではない。カムシャフトはクランクシャフトからのタイミングベルトなどにより回転が伝えられている。クランクシャフトが2回転する間に、カムシャフトは1回転する。カムカバーとヘッドの間には

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights