安全対策 > シートベルト

シートベルト

シートベルトとは運転時の装着によって事故等の衝撃から乗員の身を守る一番重要で
基本の安全装置である。現在、一般的な乗用車に装着されてるシートベルトは
3点式シートベルトと言われるもので、骨盤、鎖骨にベルトをあて体を固定します。


前席のシートベルトの着用は道路交通法により義務化されており違反者には
減点1点の処分があります。また後部座席のシートベルト着用義務化も2007年
道路交通法改正案で決まりました。



示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
◇これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!


1899年イギリスのロンドンで、ダイムラーの自動車による事故で乗員2人が
放り出され死亡したことがきっかけとなり、シートベルトが開発されたといわれている。


それを端とした開発は1903年、フランスの技術者であるギュスターブ・ルボール
(Gustave-Desire Lebeau)により、シートベルトの原型である、高い背もたれと
交差式ベルトからなる「自動車等の防御用ベルト」というものの開発へと至ったという。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights