安全対策 > 3点式シートベルト

3点式シートベルト

一般的なシートベルトの種類であり、骨盤及び鎖骨あたりに装着し衝撃から身を守ります。
大半の一般車両に標準装備されている。一般的な車両の場合、運転席、助手席が
3点式シートベルト、後部座席が2点式シートベルトになっていますが、
最近では後部座席への3点式シートベルトも増えてきています。


運転席と助手席では、シートベルトの着用が義務付けられています。また諸外国では、
後部座席のシートベルト着用が義務付けられている国が多く、日本でも近々、
後部座席シートベルト着用義務化される。ちなみにシートベルトの罰則は減点処分1点です。



示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
◇これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!


シートベルトの歴史

1899年イギリスのロンドンで、ダイムラーの自動車による事故で乗員2人が放り出され
死亡したことがきっかけとなり、シートベルトが開発されたといわれている。
それを端とした開発は1903年、フランスの技術者であるギュスターブ・ルボール
(Gustave-Desire Lebeau)により、シートベルトの原型である、高い背もたれと
交差式ベルトからなる「自動車等の防御用ベルト」というものの開発へと至ったという。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights