エンジン関連 > V型エンジン

V型エンジン

V型エンジンとはエンジンを前から見た時にピストンが左右にV字型に並べられて
いることからこの様な名前で呼ばれている。これにより気筒数が多くなると長くなると
言う直列エンジンのデメリットを解消し、8気筒、12気筒のエンジンを可能にする。


さらにエンジン自体の重量は軽く、コンパクトに設計可能ですので、
最近はV型エンジンの搭載車が増えてきました。

※現役のプロが教えるカーコーティングのノウハウ・裏技!!
カーコーティングセミナーの1/10以下で手に入っちゃいます。



※現役の車買取業社トップ営業マンが大暴露!!20万UPはあたりまえ。車を売る際の必読本!
【 査定額限界突破マニュアル 】



気筒数が多くなるほど、直列型に比べシリンダーブロック、クランクシャフトを
短くできるため、剛性面で有利。 スペース効率に優れ、自動車用では縦置き・
横置きを兼用できる。(とくにOHVでは)排気量の割りにコンパクトなエンジンと
することができる。


気筒数と挟み角によっては(8気筒90度バンク・90度クランク=クロスプレーンなど)
一次振動がキャンセルされるため、静粛で低振動にできる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights