エクステリアパーツ > バックアップランプ

バックアップランプ

バックアップランプ(Backup lamp)とは「バックランプ」とも呼ばれていて
ギヤをバックに入れると車両後部で連動して光るランプである。
道路運送車両法による保安基準では個数は2個以下で色は白色と定められています。


また夜間での後進の際の後方視認性の為に、バックアップランプを高効率タイプや
ハロゲンランプに交換する手段もあります。交換の際は道路運送車両法による
保安基準を満たしているかの確認が必ず必要です。


※ハロゲンランプとは、一般の白熱電球よりも明るく良く車やトラックのライトに
採用されています。構造は白熱電球と一緒ですが、微量のハロゲン元素が入っています。



事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】


道路運送車両法(どうろうんそうしゃりょうほう)は、日本の法律である。
この法律の目的は、「道路運送車両に関し、所有権についての公証等を行い、
並びに安全性の確保及び公害の防止その他の環境の保全並びに整備
についての技術の向上を図り、併せて自動車の整備事業の健全な発達に資することにより、
公共の福祉を増進すること」(同法1条)とされる。近年では、自動車のリサイクル促進、
リコール制度、「不正改造」などに関して法改正が行われている。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights