エンジン関連 > キャブレーター

キャブレーター

キャブレーターとは、燃料を空気と混ぜ合わせ、霧状の混合気にして
エンジンの燃焼室へ供給させる機械式の燃料噴射装置である。
フローとチャンバーとベンチュリーで構成されいる。

気圧や気温によって性能が安定しないのが特徴である。
現在では殆どの車がより安定して燃料を供給できる
電子制御式の燃料噴射装置へと変わってきています。



事故車や不正メーター・故障箇所を見破る方法教えます!!【自動車売買禁じ手専門書】



現役のプロが教えるカーコーティングのノウハウ・裏技!!
カーコーティングセミナーの1/10以下で手に入っちゃいます。


最近の四輪車・二輪車は、排ガス規制への対応もあり、キャブレターではなく、
燃料噴射装置(フューエルインジェクション)を採用するものが増えている。

2007年現在、乗用車、商用車に関わらず新車で購入可能な
ガソリン四輪車では軽自動車を含め、キャブレターを搭載したモデルは姿を消している。
排ガス規制の対象外で、もっぱらキャブレターが使われていた二輪車も、
2006年から排ガス規制の対象となり、キャブレターから燃料噴射装置への移行が進められている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights