タイヤとホイール > ホイールアライメント

ホイールアライメント

ホイールアライメントとは車両にタイヤが4本装着された状態で
タイヤの向きや位置を調整することである。これがしっかり取られていないと
走行中にハンドルが左右どちらかに取られたりタイヤの編磨耗を起こす原因となる。


【ホイールアライメントの調整箇所】

・トウとは、タイヤを上から見たとき、進行方向に対してタイヤが
 内側や外側に傾けたときの角度のことです。
・キャンバーとは、タイヤの正面から見た時の傾く角度の事です。
・キングピンとは、ハンドルを切った際の車輪の回転軸のことで、
 ステアリングに掛かる負担を軽減する役命を持っています。
・キャスターとは、キングピン軸の傾きの角度のことです。




示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する、
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
◇これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!


ホイール・アライメントは、かじ取り操作(ステアリング操作)が滑らかにおこなえ、
直進時や旋回時の走行を安定させ、タイヤの磨耗を軽減する目的で、
通常、一定の積載時に40km/hから60km/hの速度において、
最良の走行状態が得られるよう、フロント・ホイールに対する設定のこと。


また、その設定を調整したり設定したりすることをアライメントの調整やアライメントの設定という。
フロント・ホイール・アライメントの基本要素には、トウ、キャンバー、キャスター、
キングピン傾斜角の四つがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights