タイヤとホイール > スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤとは雪道専用タイヤで通常タイヤとトレッドパターンが違い
雪道でのグリップ力を高める工夫がなされている。
スタッド(スパイク)レス(なし)のタイヤの意です。


普通タイヤにくらべて、スタッドレスタイヤはの溝は深く掘られています。
この為、雪道でもしっかりと雪を摑まえさらに溝で摑まえた雪を
逃がしやすくする構造になっています。


またゴムの材質も普通タイヤに比べ柔らかいものを使用し、
さらにゴムの中に気泡をもたせ、吸水、吸着効果を向上させています。
またメーカーによっては、胡桃の殻やグラスファイバーなどを
ゴムに混ぜるなどしてさらに凍結路などのグリップの向上を狙っています。


スタッドレスタイヤが開発される前は、スノータイヤにピンを埋め込んだ
スパイクタイヤが主流でしたが、このピンが雪のない道ですと
舗装道路を削ってしまい、粉塵を巻き上げ、健康被害が多発した背景から、
スタッドレスタイヤが生まれました。


目からウロコ!営業マンが徹底暴露! 【新車値引き交渉術】必ず損は致しません。


【中古外車をめちゃくちゃ安く買う方法】返金保証付き!


冬期用タイヤの意味で古くからスノータイヤという呼称が使われるが、
スノータイヤは深い雪道を走破するためのタイヤであって凍結路を
走る能力は備えておらず、厳密にはスタッドレスタイヤとは違う種類のタイヤである。


しかしながら現在の日本では乗用車用のスノータイヤはほとんど販売されておらず、
また、スパイクタイヤの販売・使用が厳しく規制されているので、事実上、
スノータイヤとスタッドレスタイヤは同じ意味で使われているといってよい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights