エンジン関連 > インジェクション

インジェクション

インジェクションとは燃料噴射装置 ・ 電子制御式フューエルインジェクション方式の事です。
インジェクターが電子制御により燃料を噴射する装置である。
これが搭載された車はインジェクション車と呼ばれている。


今では電子制御式で、最適の燃料を霧状に噴射してエンジン内で
最適の爆発を行ないます。これにより無駄のなくガソリンを燃焼できますので、
燃費の向上にも貢献しています。


世界で始めてこの方式を自動車へ適用されたのはメルセデス・ベンツの300SLです。
1954年に発表されました。



車雑誌でおなじみ!燃費が40%UPも!脅威のロケットパワー『にんじん君』


インジェクタを吸気バルブの直近に装着できること、霧化が良いこと、
およびキャブレターを使用した場合のベンチュリー部が存在しないため
吸入空気流路の抵抗が低減できること等により高レスポンス / 高出力を得ることが可能となった。

ただし、作動には電気が利用されるため、完全にバッテリーの上がった車両では
エンジンを始動させることは困難である。また燃料はポンプにより圧送されており、
燃料パイプは高圧にさらされるため金属製となっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2006 kuruma no yougoshyuu. All Rights